殺人犯を父に持つ二人の息子の生き方の大きな違いとは?


アンソニー・ロビンズ直伝メンタルコーチの内藤将貴です。
実際にあった話をご紹介します。殺人犯を父に持つ二人の少年がいました。

一人は、父親と同じ殺人犯となりました。

firearm-409252_960_720

しかし、もう一人は会社を経営する社長となりました。

Man in airplane

殺人犯と会社の経営者、
その人生の違いは何によるものだと思いますか?

それは、父親が起こした殺人に対しての「意味付け」なのです。 

 起きてしまった出来事はもう変えることはできません。
ですが、出来事に対してどのような意味を付けるかは、自分が選ぶことができます。
 

出来事イコール人生ではない

過去の出来事が自分自身の人生を作り出しているのではありません。

出来事に対する「意味付け」が人生を作り出しているのです。
アンソニー・ロビンズの名言
【人生の質は、意味付けの質】

 まとめ

過去の出来事にどのような意味を付け、どんな行動や決断を積み重ねるかによって人生が180度変わります。

 これまでのあなたの人生がどんなにひどくてもいつからでも違う人生を手に入れることはできるのです。

そのためには、あなたの今の状況、気持ち、人生がなぜそうなっているかの理由に気付くことです。そして、意味付けを変えれば、新たな生き方・考え方ができるようになるのです。

 どんな逆境でも乗り越えてた人の生き方を知るとモチベーションがわきますよね。
 逆境を克服した人を取り上げたこちらの記事もぜひご覧ください。

  ・米版「R-1ぐらんぷり」を三連覇した重度の聴覚障害の素人コメディアン
 
 

あなたがもし、今の自分は、過去の何かのせいだと思っているとしたら
ぜひ一度、コーチングを受けてみてください。

  >>>30分無料体験コーチングのお申し込みはこちら<<<

 
成功者の選択の秘訣は、迷ったら GO!!

ブログランキングをやっています。
この記事が少しでも楽しんで頂けた場合は、クリックいただければとても嬉しいです

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

殺人犯を父に持つ二人の息子の生き方の違いとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です