ぎっくり腰がたった30分寝ているだけで治るって本当!?驚異のエクササイズ「エゴスキュー」


アンソニー・ロビンズ直伝メンタルコーチの内藤将貴です。

たった30分寝ているだけでぎっくり腰が治ったらいいと思いませんか?
もし、そうだとしたら知りたいと思いますか?
それも、整体やマッサージにも行かずに自宅で一人お金もかからないとしたらいいと思いませんか?

今日は、そんな魔法のような驚異のエクササイズをご紹介します。
このエクササイズは、ゴルフの帝王ジャックニクラウスや世界No.1コーチのアンソニーロビンズをはじめアスリートからセレブまで実践しています。

エゴスキューのエクササイズは、シンプルです。

・年齢関係なく誰でもできる
・特殊な道具もいらない
・一人でできる
・お金もかからない

ぎっくり腰で寝ていた父に早速実験

立ち仕事をしている父が、ぎっくり腰になり動けずに、寝ていました。
いつもなら整体に行って、2〜3日寝込んでいるのですが、
今回は、私、ある驚異エクササイズを学んでいたので、試しに父にあるポーズをしてもらい30分寝てもらいました。

 

簡単寝ているだけのエクササイズ30分後

そんな寝ているだけぎっくり腰や腰痛が治るのか?そんな治し方あったら奇跡だと思いながら30分経過・・・。
なんと腰が痛くて、動けなかった父は、さっと立ち上がり、痛みも消えていました。
そして、そのまますぐに仕事に復帰したのです。

これ、嘘のような本当の話です。

もちろん全員が同じ結果を得られるとは限りませんが、私は、目の前でその効果を体験しました。
※全ての人に効果を保証するものではありません。

 

私の父が体験した30分寝ているだけのぎっくり腰解消エクササイズとは?

そのエクササイズは、アメリカで生まれた運動療法でエゴスキュー・メソッドと言います。
創始者ピート・エゴスキュー氏の名前から由来しており、簡単な動きやポーズを行うだけで、体のゆがみを整え姿勢を改善し、痛みを解消に導くことができるセルフケアです。

エゴスキュー氏は、ベトナム戦争に従軍して負傷し、痛みと体の不調に苦しみました。
数多くの医者に通い、様々な治療を試しましたが、体の不調は直りませんでした。

「エゴスキュー・メソッド」を独自で開発

そこで、エゴスキュー氏は自分自身の体で人間の構造や仕組みなどを研究し、「筋肉を再教育する」ことで、痛みやゆがみ、体の機能を改善するという「エゴスキュー・メソッド」を独自で開発したのです。

「エゴスキュー・メソッド」の特徴

 「筋肉」を再教育することで、骨や関節が元の位置に戻っていき人間本来の「理想姿勢」に導きます。姿勢がよくなることで体の運動機能を高め動きやすくなります。

他にも多くの不調や健康問題が改善されます。

・ダイエット効果

・むくみ解消

・美肌効果などの美容効果
 

 

それでは、エゴスキューメソッドは、たくさんのエクササイズがあります。
父のぎっくり腰が治ったエクササイズもその一つですが、まずはその中から基本のエクササイズをご紹介します。
エゴスキュー・ジャパン代表の水野加津人さんがご紹介します。

 

30分寝ているだけの腰痛対策!ぎっくり腰解消!エクササイズ

前置きは長くなりましたが、父のぎっくり腰が治ったポーズは、スタティックバックと言います。

スタティックバックの手順

  1. 足を乗せるための椅子か台を用意する。
  2. 仰向けになり、椅子か台の上に、両足を90度に曲がるように乗せる。
    (90度の角度にならない場合は、椅子や台の上にタオルや座布団などを置いて足の高さを調節する)
  3. ひざと足を股関節の幅に開く。
  4. 両腕は手の平を上にして、体から45度離して伸ばす。
  5. 上半身をリラックスさせ、腰が左右平らになるようにする。
  6. 全身の力を抜いて、この姿勢を保つ。 7.5分~20分、そのままでリラックスする。

 

世界No.1コーチのアンソニー・ロビンズのUPW(Unleash the Power Within)というセミナーでは、最終日にアンソニーのエゴスキューのコーチでもあるブライアンがエゴスキューを教えてくれます。

ブライアンは、年に一度来日して、目の前でずっと車椅子だったおばあちゃんが歩くというような奇跡を見ることができます。

エゴスキューをぜひみなさんに普段のエクササイズに取り入れてくださいね!

エゴスキュージャパンの公式サイトはこちら
ぜひみなさんの周りの方にシェアしてください!

エゴスキュージャパンの代表水野さんと一緒にライフマスタリーというセミナーをしています。

次回のセミナー情報はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です