星野監督の知られざる逸話


アンソニーロビンズ直伝コーチの内藤です。
今日も応援クリックいただけるとうれしいです。^^励みになります。
            ↓
にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村
心のサプリとなるとある本の中に星野仙一さんが紹介されていました。
楽天を今期で退任する星野監督のお話に思わず
涙があふれてきてしまったお話をご紹介します。
星野仙一さんは、小学校時代を岡山県の倉敷で過ごされたそうです。
同級生に、筋ジストロフィーという重い障害を持った定金正憲君という友達がいました。
彼は学校に行くのをいつも嫌がって、お母さんを困らせていました。
星野さんと同じクラスになってからは毎日、喜んで学校に行くようになりました。
星野さんが定金君を毎日、背負って登校してくれたからです。
定金君は放課後も楽しそうに、星野さんが野球をしている姿を眺めていました。
星野さんはどんなに練習が厳しくて疲れていても、
練習が終わると、定金君を背負って彼の家まで送って行きました。
星野さんは学校だけでなく、遊び場にも定金君を連れて行きました。
雨の日には定金君が濡れないように、リヤカーに乗せて連れていったそうです。
定金君との交流は、小学校を卒業して大人になっても続きましたが
残念ながら、彼は41歳で亡くなってしまいます。
亡くなる少し前にも、定金さんは、
「がんばってください。優勝してください。いつも僕は見ています。」
と星野さんに話していました。
残念ながら、星野監督が優勝したのは定金さんが亡くなった2週間後でしたが
定金君のお母さんは
「息子が41歳まで生きられたのは、星野さんのおかげです。
 息子はいつも星野さんの活躍を見て、夢と希望をもらっていたんです。
 息子にとって星野さんは、同級生で神様だったんです。
 息子は幸せだったと思います。感謝しています。」
と話しています。
幼い頃にお父さんを亡くされた星野さんの幼少時代は
恵まれたものではありませんでした。
貧乏だったので、お母さんが苦労してグローブを買ってくれた時に
これでグローブを借りないで野球ができると喜んだそうです。
そんな状況で、友達に尽くすことができたのは
元気に野球ができる幸せに気付いたからではないでしょうか。
持っていないものを嘆くよりも、与えられていることに感謝することの大切さを
友達から教えられたのでしょう。
「大切な人に贈りたい24の物語」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です