〇〇のハンデを乗り越えた全米レスリングチャンピオン アンソニー・ロブレス 


アンソニー・ロビンズ直伝メンタルコーチの内藤将貴です。

今回は、ある学生レスラーとしてチャンピオンになった一人をご紹介していきます。

2011年3月19日、アンソニーロブレスはレスリング全米学生選手権で優勝しました。
会場に集まった1万7687人のスタンディングオベーションの中、両腕を上げて喜びを表現し、声援に応えました。

サクセスコーチ チャンピオンのブログ

 

$サクセスコーチ チャンピオンのブログ

アンソニーは生まれつき、右足がありませんでした。

アンソニーがレスリングを始めたのは高校からですが、それまでにも幾多もの困難がありました。
しかし、持ち前の明るい性格と母などの家族の愛情を受け、前向きに努力をしていきました。
片脚一本で器用にホップしながら立ち回り、相手に立ち向かっていき、全米チャンピオンになったのです。

$サクセスコーチ チャンピオンのブログ

 

「神様からのギフト」

アンソニーはあるインタビューで
片脚がないことで行うレスリングは、有利なのか不利なのかという質問を受けました。
アンソニーはレスリングが好きだからしていると前置きした上で、

 
「松葉杖をついている分、握力が強いのがアドバンテージ」

と言います。
また、アンソニーはほかの人に
片脚しかないのはハンデなのでは?と言われることに対してこのように言いました。

 
「片脚で生まれてきたことは神様からのギフトであり、レスリングをするためのこと」

 
このことは、アンソニーの母親が説いたことです。
母親はアンソニーに対してハンデのある人、障害者であるというアイデンティティを持つように育てませんでした。
 
健常者は自分が信じたとおりに生きることが出来ますが
アンソニーは片脚がないことで、運動は出来ないと思い、やらないことも可能でした。

しかし、アンソニーとその母親は片脚で生まれたことに意味があると考え
神様からのギフトと受け取りました。

最後に、アンソニーが表彰式の時にしたスピーチ動画があります。
テレビに取り上げられ、2分間ではありますが字幕がついているので、是非ご覧ください。

 

                 ▷ワンポイントコーチング

・生まれつきのことや、昔に起きた出来事を変えることは出来ません。
しかし、そのことに対してどのような意味があるのか、どのように捉えられるかは様々あります。

皆さんは、どのように考えましたか?

まとめ

・アンソニーは、片脚で生まれてきたことに意味があると考えた

全ての出来事を神様からのギフトと考える

最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログランキングをやっています。
この記事が少しでも楽しんで頂けた場合は、クリックいただければとても嬉しいです

にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です